読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘉門 平塵は今日も生きている

嘉門平塵です。社会人二年目のモヤモヤと、音楽ファン。

【仕事論まがい】社会人二年目、感じたこと

社会人と講釈

社会人2年目の年末になった。

新卒で配属さえて以降「1年9か月」と思うと、そんな長くないように思うが、

感覚的に、入社式は5年前くらいに感じますな。。。

それだけ、濃密な時間を過ごしていると、とらえることにしようっと。

 

さて、振り返ると、今年、よくググった言葉があった。

「若手 仕事 暇」検索!である。にゃ~

f:id:mac_nakamozu:20161229021128j:plain

 

電通の過労働事件や「ブラック企業」が、取り上げられる中、

そんなん、うらやましいやんけ!という返答も多いであろうが、

やることがないのは、それはそれで相当苦痛なのである。

 

でも、僕、思うのですが、僕以外にも「若手社員やけど、意外と暇な時あるで」

という人は少なくないようですね。

(もちろん、業種や会社の規模にもよると思うのですが。)

 

検索すると、当然「そんなときどうするか」が出てくる。

インターネット先生の答えは、

① できる先輩を見つけて「お手伝いできることありませんか?」と尋ねる。

② 過去の資料・書籍を読み漁る。

③ 先輩社員の一挙手一投足を観察する。

とのこと。さすが、インターネット先生。

これなら俺にもできそう!何事も、わかりやすく、何でも教えてくれる~!

 

ところが、これを受けて、さっそく俺なりに行動した結果が以下の通り。

①⇒ 尋ねると、先輩たちから返ってきたのは、いつも、

「失敗されると困るから自分でやる」、

「今は手伝えることない」、

「二年目にはちょっと難しいから自分でやります」 という回答。

・・・空振り。

 

②⇒ 部署の業務内容・居室が、年度始めと年度途中に変わったため、

過去資料がない状況に。 どないせいっちゅうね~ん!

 

③⇒ 自分の部署が、いわゆる「バーチャル部署」で、

所属員の居室がバラバラの組織であり、

だれがどこで、どんな仕事をしているのかつかめなかった。

 

そう、結局、一歩も進めなかったのである。

 

完全な「空振り三振」状況!

違う部署の同期を見れば、華やかに活躍しており、さらに焦る俺。

という具合に、モヤッモヤの時間が長く過ぎたのでした。

 

さすがに、来年には、このモヤッモヤ状況は抜け出して

「何言ってたんだ、俺?」となるべく(なっていないと困る)、

今のモヤッモヤ気分をしたためておこう。

 

来年はどうなるかなーなんて思いながら、

気持ちを切り替えて頑張るとするよ。

仕事の2016年振り返りでした。

 

では。