読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘉門 平塵は今日も生きている

嘉門平塵です。社会人二年目のモヤモヤと、音楽ファン。

【仕事ロン講釈】社会人二年目のモヤモヤ~

社会人二年目に突中した。

二年目のモヤモヤを書く表すことに、生産性はないのだけれど、

同じ心境の二年目の人って意外といると思うし、中堅で二年目を教育中の先輩社員の方に読んでもらえたらと思い、モヤモヤを文章化してみます。

 

振り返ると、一年目は、想像と現実のギャップにあたふたして、「飲み会の幹事だけは自分の仕事だ!」という確固たる地位を確立して終わった。

それはそれで結構な話なのだが、今度は、少しずつでも仕事を覚えたい。小さい業務でも、きちんと任せてもらえるのはいつになるのやらという感覚である。

 

一年目の時にはなかったキャリア面談なるものを上司とおこなうのだが、
自分のキャリアパス計画を「会社入って方向わからなくなっちゃいました」とは、ゆめゆめ言えず面談シートの記入時に困ってしまった。

 

「何でもやります」という気持ちではあるが、

こう言っても、言われた上司の方が「何でもって言うけど、結局なにしたいの?」と困っているような様子で、モヤモヤ~が残る。

 

会社入って、配属されたが、

配属先から望まれていないことなんてザラにあるのでしょう。

こんな時、先輩たちはどうしてきたのだろうか??

学生の時には、想像がついていなかったなー。

 

これを読んで前を向いていこう。

===================================
タモリ 「よくさー『やりたい事が無いの』っていう人いるのね?そりゃそうですよね」
欽ちゃん 「うん。わかる!いるよねーそういう若者」
タモリ 「僕なんて、若い頃何でもやったしやらされた。嫌だと思った事も、絶対断らずに何でもした」
欽ちゃん 「当たり前だよねー」
タモリ 「そうですよね?とにかく色々やっていくうちに、自分のしたい事、やりたい事がわかってくるんだから」
欽ちゃん 「そうそう!『やりたい事がないの』ってやつは、結局自分から何にもしない奴なんだよねー。」
タモリ 「そうなんです「やりたい事がない」なんて、当たり前の話ですよね!自分から動かないんだから…」

===================================

ただ、やりたいことをやみくもにやるだけではダメだと思っている。

二年目は「カタチのあるもの」を生み出せたらいいんだけどなー。

でもやっぱり、二年目も「何でもやろう」。

 

出会いもほしいし、仕事もうまくやりたいし、自分のスキルだってあげたい。

収入も増やしたい。やりたいことなんて腐るほどあるのです。

 

タモリと欽ちゃんのテレビかなんかの会話であるが、気持ちの力になればいいな。

「ああそうだ、『2年目のジンクス』とよく聞くな、ここで調子に乗ってしまったらだめだ」と、自戒の念が働かせるしかないね。