読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘉門 平塵は今日も生きている

嘉門平塵です。社会人二年目のモヤモヤと、音楽ファン。

【映画紹介】ウディ・アレン監督 「教授のおかしな妄想殺人」

映画と講釈

2015年,アメリカの映画。

主演が、アメイジングスパイダーマンのエマストーンだったので、鑑賞してみた次第である。

 

見ていくと、要所要所に心境の語り調があり、ウディアレン監督作品だと認識。

どおりで、軽薄なコメディ映画のように見せかけて、哲学テーマを突きつけられます。

 

「人生は無意味である」という真理!?に行きついてしまった哲学科教授と、教え子女子大生のすれ違う人間?恋?模様を描いている。

  

【主観的、観点別評価】

(イ)物語のわかりやすさ:3点 (3点中)

   ・・・ 酒を飲みながら見ても理解可能!

(ロ)画的綺麗さがあるか(景色・ファッション等):3点 (3点中)

   ・・・ エマストンの絶対的美しさ!

(ハ)考えさせらる点があるか(主題性・テーマ性):3点 (3点中)

   ・・・ ウディアレンの哲学性!

(ニ)感想を持ちやすい:2.5点 (3点中)

   ・・・ 鑑賞後の批評は、男性視点と女性視点の違いに着目!

(ホ)知名度:1点 (3点中)

 

総合評価: 84点

※ {(イ)から(二)の積 + (ホ)} ×1.23

 

有名ではないけど、ちょっといい映画を、家でお酒を飲みながらカップルで見たい人におすすめ!

f:id:mac_nakamozu:20161226114900j:plain